ヒョウアザラシの大きな勘違い。

ナショジオの
面白すぎる記事、発見ん。

 

 

何を、どう勘違いしたのか、

 

 

ヒョウアザラシが
海中を撮るフォトグラファーを
「弱ってる海の生物」と
勘違いし、

 

 

考えられない行動に出た。

くぴ。

 

 

 

 

 

アザラシは
カメラのレンズを口だと判断し
活きのいいペンギンを
放り投げ出した。

 

 

運んできては
『 口 』 に放り投げ、
また運んできては
『 口 』 に放り投げ。

 

 

何回か繰り返すが
活きのいいペンギンだと
すぐに逃げ去ってしまう。

 

 

しょうがないから、
次は弱ってるペンギン。
だめか。
じゃ、死んだやつにするか、と、

 

 

 

ペンギンの死体を
” 口 “ にぐぃっぐぃっ、と
入れ込み入れ込み~♪

 

 

 

せっせ、せっせと
ペンギンを運んでくる
面倒見の良いアザラシくん。
ちょっと可愛すぎる…。

 

 

 

ちなみに
今回、アザラシに育てられそうになった
ラッキーマンは、Paul Nicklen さん。
ナショジオの専属フォトグファーです。

 

 
ナショジオの写真家でありながら、
アザラシの養子とはっ!!
どれだけの強運なのかしらっ

【#・∀・】キーッ!!!

3 thoughts on “ヒョウアザラシの大きな勘違い。

  1. かなりツボった。(^^;)
    ペンギンにはいい迷惑だけど、
    アザラシたんがいいヤツすぎる。
    個人的には生きのいいペンペンを貰い受けて
    お家で一緒に暮らしたいな♪

  2. いや~、どアップのアザラシ、カワイイw!!
    というより、フンガー!!って感じだよ。
    しかし、ペンギンをあげるなんて・・・。
    勘違いもいい所ですね。
    まぁ、アザラシ自体に罪は無いんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>