写真は記録。

同じ窓からの景色でも
見る時間帯や
私の気持ち次第で
コロコロと表情を変える。

 

 

 

 

 

 

実はわたくし、
風景と人物を撮るのが
すごく苦手。

 

 

下手な写真が残っていくのがイヤで
今まであまり撮らなかったんだけど
「写真は記録だ」と教えてくれた人がいて
当たり前のことだけど
ものすごく納得してしまった。

 

 

その理由は…
3年前の話にさかのぼる。
ある日、我が家に
ネズミのようでネズミじゃない、
小動物がやってきた。

 

 

ずんぐりむっくりで
初めての家でもお構いなしに
グースカ眠りバクバク食べるその生き物に
私は「ぐーた」と名付けた。

 

 

ぐーたは
誰が見ても「小太りネズミ」と評すほど
ボテッと短く愛らしかった。
身体のサイズに比例しているのであろう
ぐーたの小さな脳みそは、
幼いぐーたをトイレでウンチまみれに寝かせたり
何度やっても水の飲み方を忘れさせる、など
とにかく次々とトラブルを起こしてくれた。

 

 

あれから3年。
短めでまるまるとした愛らしい図体は
脅威の伸び率でにゅーーんと長くなり
低飛行の重心がしっかりと身体を支えている。

今や転がることなど絶対にない。

 

 

 

ずんぐりむっくりのチャームポイントは
すっかり消え去り、
今自慢できることといえば、

妙に立派なヒゲ。

 

 

それと、
2年越しで鍛えた

カメラ目線。

 

 

たまに考える。
ぐーたは、小さい頃どんなだったっけ。
これだけ長くなってしまうと、もはや記憶の渦に巻き込まれ
現サイズ×半分程度までしか思い出せない。
でももっと短かったはずなのだ。

 

 

写真撮っとけばよかった…。
そうか、そういうことか。
「写真は記録」。
完成度の高い写真も時には大事だけど
“失われる記憶の代わりに記録する”道具である
写真の本質も見失っちゃいけないな。

 

 

もっと撮ろう。

 

 

そんなことを
うにゅうにゅと考えながら
今日もカメラも持つくろ。でしたたたっ

2 thoughts on “写真は記録。

  1. 記録だねーー。
    写真があると鮮明に思い出すことがあるし、記憶がいかに正確でないか知ってしまうね。
    週末に帰るよ!

  2. トモトモ、
    私たちは共通の記憶を
    いっぱい持っている。
    そして二人とも、
    どちらかというと記録する方だから
    無敵だねーっ きゃきゃ。 ←どこに敵?
    週末は記憶の埋め合いっこしよう。
    離れていた時間の過ごし方を語り合うべく。ニヒ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>