写真と私。

ここのところ
ヒドく忙しくって
写真撮れてないのですが

 

 

この間、
リコーで
ネコ撮った。

 

 

リコーネコー。

実家のお店で飼っている猫、
「姫」。

 

 

姫はとても気高く上品なネコ。
いつも人を観察し
懐く相手や懐き方を決める。

 

 

残念ながら
姫は私を軽視していて
機嫌を損ねるとシャーッと声を立て
ツンと避けられてしまう。

 

 
機嫌の良いときは
たまーに近寄ってきてくれるのだが、
調子に乗って撫でてみたりちょっかい出すと
またシャーッとされる。
なんとか姫と仲良くするには
近寄って来てくれたときに
プルプルと歓びをおさえて接さなければならない。

 

 

むずかしー…。

 

 

そして

うちのパク。

 

 

顔を見せると
耳をぺたーーーっと後ろに折り、
嬉しさを必死で堪えながら
身体をプルプルさせる。

 

 

「おとなしくするから出てきて?」
と主張するのだ。

 

 

かわいい…
と思って扉を開けてしまったが最後、
倒さんばかりの勢いで飛びついてきて
「なでろ、腰もめ、あそべ」の
攻撃がはじまる。
こっちはこっちで大変。

 

 

話は写真のこと。

 

 

 

私はいつも
慎重に、大切に、シャッターを押す。

 

 

デジカメなのだから
撮りまくれば成功数があがるし
肝心な瞬間を逃すこともないのだろうが
被写体と呼吸を供にすることで
一瞬の奇跡が得られる気がして。
その技を身につけたくて。

 

 

敢えて
無駄にシャッターを切らない。

 

 
結果、
腕のない私は
1秒遅れの写真を撮ってしまうのだが。

 

 

今にみてろ、
きっと、成長してやる。
そう思い続けて早3年、だ。

 

 

表からは覗えない、
重ったるい苦労、葛藤があるから
私が撮る写真には1枚1枚、
そのときの心情や願いが
深く刻まれている。
仮に失敗作であったとしても。

 

 

100%満足できるものなんて絶対撮れない。
故に写真は面白い。
そんなことを考えていた頃、
Salon MARTREさんから
ギャラリー写真の依頼を受けました。

 

 

本当にうれしー:)
「やっぱり、くろ。さんの写真がいい」
そう言われた瞬間、世界がパァーッと明るくなりましたっ
大事に写真を使ってもらえて、またもご依頼いただいて。
心から感謝を伝えたい、そんな気持ちでブログを書きました。
ありがとう。

8 thoughts on “写真と私。

  1. クロさんの写真があってのマルトルですから。

    これからも、変化していくマルトルを
    見守り

    撮り続けていただけたら嬉しいです☆

  2. 私は、コンデジをもって気持ちが変わりました。写真は、もっと気楽に楽しむモノだって。一眼のファインダーから除く景色は、無意識の中で作為の意識を私に植え付けた。上手に撮りたい。という、そう、焦りにも似た気持ち。気持ちと技術のギャップ。そこから生まれる虚しさ。つまらない。。
    ある掲示板では互いの写真に対し、己の持ち得た知識をこれでもかと言うほどさらけ出し批判し合う。それも良い。『楽しみ方』は人それぞれ。だから私は思うのです。
    私には私の楽しみ方、カメラとの付き合い方があるのだと。それは下手とか上手とかそんな事はどうでもいい。
    最近、私もリコーのカメラを使ってます。
    撮った写真を通して私がどんな人間なのか。そんな事を感じてもらえる写真を撮れる様になるのが、私の楽しみ方です。
    そう思った時、くろ。さんの写真は、私の中にすっと、しみ込むのです。
    これからもステキな写真見せて下さい☆
    長くなってごめんなさい。。

  3. mami ちゃん、
    じーん…( ノω-、)
    なんてお優しい。。
    これからも張り切って
    マルトル応援隊がんばりまっすb
    きゃー パシャパシャっ ←まるでパー子。

  4. ackey,
    サンキューアッキーハニー。
    頼まれなくとも
    パシャりますともパシャりますとも。
    ええ。ええ、ぐーたとツーショットで( ̄m ̄*)

  5. t@kashi どの、
    やはり師もここを通りましたか。
    葛藤して写真を撮りながらも、
    私の心の奥にはいつだって抑えきれない
    幸福感、わくわく感が潜んでいます。
    楽しさ探しの達人である師だからこそ、
    私の写真からそのワクワクを感じ取り
    心へしみ込ませてくれるのでしょう。
    ありがたやありがたや。
    未熟なわたくしですが、今後ともどうぞ
    温かく見守っておくんなまし。ヽ(゚∀゚o)アリガトー

  6. 写真はその人の目線。
    その人の目線から伝わる何か。
    くろ。さんの写真は貴女をストレートに
    表現している感じがするのです。
    被写体を写しているようで、
    実は貴女自身を写してる。
    そんな貴女の写真が大好きなのです。

  7. t@kashi どの、
    まぁ、
    ありがとうございまする(ノ△・。)
    これからも思い思いのままに
    パシャパシャあそぶこととします。
    いつも優しく見守ってくれてありがとっ(_ _。))))ペコペコペコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>