蝶と蛾のちがい

すーぱーお久しぶりでございます。

ちょっと書きたいことがあったので
疲れ気味の寝る前ですが。

 

みなさんは、蝶と蛾のちがいをご存知だろうか。

 

 

 

写真の子は
我が家の玄関あたりで
ひっそりと暮らしている蛾くん。

 

 

蛾は、比較的どこでも嫌われやすく
「気持ち悪い」「陰気くさい」の
代名詞でもある。

 

 

でも
皆に愛される蝶と
見た目、あんまり変わらなくないですか?
蛾たちは、本当に人間に害のある、不潔な生き物なのか。
ゴキブリや、ダンゴムシ類いの生き物なのか。

 

 

一体何が違うんだろう。
と、わたくし、調べたことがあるのです。

 

 

で、分かった結果、
蝶と蛾は同じ「鱗翅目」であり、
決定的な違いはない。
現在の分類学では区別できない。

とのこと。

 

 

しいていてば、
蛾は比較的、夕方以降に活動することが多いらしく
特に夜行性の蛾は派手な柄を必要としないため
茶色や黒など見た目が地味なのだそう。
とはいっても、昼活動する蛾もいるらしく
これも決定的な区別にはならないらしいのだけど。

 

 

ちなみにフランスなど一部の外国では
蝶も蛾も同じ分類なのだそうだ。

 

 

ま、それだけのことなのですが
私なら、どっちがいいかな〜と思って。
同じ形の、能力を持った生き物が2つ。
蛾はわりと敵の少ない人生だけど、一生日陰で生きなければいけない。
蝶はスポットライトを浴びて輝かしい人生だけど、他の生き物に食われる。

 

 

蛾…かな。
なんだかんだ、マイペースにいけそう。

 

 

いないと思うけど、
もっと蛾について知りたい方はこちら 

 

 

追記:その後の調査により、夜も敵はいるらしいです。
コウモリさんです。つまり蛾は、日陰人生の上、
それなりに敵もいるのです。
ぎぎぎ それは悲惨。 私は蝶を選びます!キリッ

2 thoughts on “蝶と蛾のちがい

  1. UHさん
    それが、タテハチョウの仲間の多くは羽を広げてとまるのだそうですよ。 たくさんの説があるのですが、どれも決定的な違いではないらしく。 どうですか、私がちょっと頭良く見えてきたでしょうっっ!! ←(調べたくせに)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>